リフォーム&オーダージュエリーならジュエリー工房マイスターにお任せください。

 

 
 
 
 

制作過程 5  金具等

○特大中折れクラスプの制作。

 

地金どり、

設計図は稚拙です。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成

 

金具は堅からず緩からず、遊びは適正に作ります。

完成して、パチンやカチンと良い音をさせると快感です。

金具の制作全般で心がけているのは、

お使いになる方の事を考慮し、

つけ外しの操作は極力簡単に出来るようにする。

操作を複雑にして使いづらかったら意味がありません。

 

○こちらはボックスクラスプ

 

 

 

 

○K18特大安全ピン制作

 

硬質金線を丸め、うけはムクから削りだし。

なまらない様に火は最少にあてます。

 

 

 

 

完成

 

1年後、さらに変更

12ミリゴールデンパールをセット

 

 

○こちらはピンクトパーズ

 

 

 

○K18宝飾時計 ベルト延長

 

 

 

金具部分を一度はずし、延長分の辻褄を合わせてロー付け

 余分をすり合わせ

 

 

 

仕上げ完了 最低限のローだけを要所ごと流し数十回にわけロー付け、

結果可動も良好。

違和感なく上がりました。

 

 

 

 

○宝飾時計パーツ制作

時計パーツをプラチナで制作

 

3パーツをロー付け、そして削り出します。

 

 

 

左がステンレスのオリジナル、右が新造。

 

 

 

シリコンでゴム型をとります

 

 

 

プラチナ版を磨いて石留め

 

 

セッテイング

ピッタリに上がり可動良好

 

 

 

 

〇 ヴィンテージ K18レディース・デイジャスト修理

  60年程前のモノとの事でヤレがひどく、ベルトも切れています。

 

 

 

 

切れたベルトを修復

 

 

できうる限り仕上げ直しをして完成

 

* 時計加工は拝見させていただかないとお答え出来ません。

  ステンレスは不可、

  ホワイトゴールド、ピンクゴールドもほぼ不可、

      シルバー、K8、K10、K12、K14もほぼ不可、

  上記は割金によってとても硬い地金がある為。

      普通のK18とプラチナが主に可能な地金になります。

  尚、ジュエリーが専門なのでムーブメントは触れません。

 

 

 

〇 白とピンクのコンビ・ロレックスに合わせたデザインのリングをとのご依頼

 

デザイン

 

コマの大きさと個数をシュミレーション。

サイズは14番、

少しでもズレるとサイズが狂うので試作

K18ピンクゴールドとPT900の30コマを制作

 

サイズ棒に両面テープでパーツを張り付け慎重に確認、

綿密に穴の位置を決め組み立て、穴あけと線のロー付けこれが一番重要な工程。

ここで失敗するとサイズが軽く半番はズレます。

 

組み立てが終わり辻褄ピッタリあそび適正、ガタもなし稼働も申し分なし、

 

仕上げをして完成。

 

 

〇 PT900ハード 安全ピン

 

バネ性を維持させる為に針部はハードプラチナ、ルテジューム割りを使用。

受けの部分は削り出し。

 

完成

 

 
 
ホームページ作成方法