リフォーム&オーダージュエリーならジュエリー工房マイスターにお任せください。

 

 
 
 
 

制作過程 2  WAX

 

○ワックスを用い、キャストでリング制作をご説明いたします。

 

ベースのブロックWAXを切り出します。

 

 お客様ご指定のデザイン、アウトラインを大ざっぱに削りだし。

 

徐々に削りだしフォルムは上がり、センターは1ct弱

 

ディティールまで上がりました。

これをプラチナに変換してくれる業者に依頼。

 

 

キャスト上がり、鋳肌のままです

 

キレイに成形後、線爪をロー付け、

先にセンターを留めます。

少し変わった4点留め、

うでからの留めはダイヤをもぐり込ませ、

叩いて削る分の削り代を

WAXの時点で厚めにしておきます。

 

 

センターと全体の成形、メレーの下穴調整、荒仕上げ。

 

 

メレーを彫り留め、仕上げて完成です

 

この制作過程のご説明もだいぶ端折りました。

 

○K18、1ctリング

 

WAXブロックを準備。

 

 

大雑把に削りだし。

 

 

WAX UP

 

キャスト上がりを成形。

パーツは地金から作ります。

 

組立。

この工法はWAXと地金からのハイブリット。

テーパーの枠は地金から作った方がキレイです。

爪もシャキッとします。

 

ダイヤを留めて完成。

 

 

 

○K18 PT900 センター5.6ct オーバルDIAリング

 

ウデはWAX 他パーツは地金で制作

 

 

組立終了 サイドメレーはマイクロセット

 

 

 

 

 

 

 

 

〇上のリングをお気に入りいただき、 お揃いの雰囲気になるリングのご依頼。

センターは6.5ct サイドが3.5ct PT900/k18

 

センターと取り巻きは地金から制作。

 

腕はwax

 

 

メインパーツができました。

 

組み立て、石留め

 

完成

 

 

 

○K18プレートペンダント 

 

ラフ

 

イニシャルKモチーフのデザインに決まり。

WAXベースを準備。

 

WAX

UP

 

キャストを成形、バチカンは地金から作って完成。

 

 

 
 
ホームページ作成方法