リフォーム&オーダージュエリーならジュエリー工房マイスターにお任せください。

 

 
 
 
 

制作過程1

 

代表的なリング、取り巻きの制作をご紹介いたします。

様々な作り方がございますが、

このリングはシャキっと仕上げる為、

全て地金から作ります。

 

まずデザイン、地金はK18、センターは0、5ct、サイドは10pでまわすことにしました。

 

サイドメレーの枠用のパイプを作ります。

線引き版でパイプを任意の太さにします。

ダイヤ間は隙間が出来ないよう、ダイヤが当たらないようにピッタリ辻褄を合わせます。

パイプ切り出し、センターの枠地金どり。

パーツを組立。

取り巻きロー付け後成形、センターよりの共有爪ロー付。

この時点で破綻がなければほぼ成功。

センターは6本爪にしました。

k18の角棒を抑揚をつけるように叩いて成形。

丸めます。

余分を切り、地金のロスを極力減らす為、できる限り叩いて完成形に近づけます。

変形を防ぐ橋渡しを付けておきます。

 指なじみを叩き出し。

成形。

指なじみロー付、ピッタリすり合わせロー目は最低限にします。

センターをロー付、外側の爪をロー付。

ロー付け終了、荒仕上げ。

石留め。

余分な爪を切り、刻字、最終仕上げ、

完成です。

 

説明しづらい細々したノウハウがあり、

かなり端折ってのご説明でございます。

 

 

ーソドックスなオパール取り巻きリング

取り巻きダイヤの大きさの違いでラフ画

お客様のご予算からメレーの大きさ決定、

センター枠を作り辻褄を合わせるため、パイプ径を変え数種類を試作。

センター組立

うで部分はWAXで制作

 

 

写真は黒く写ってしまいましたが、組立終了。

サイド石留め

完成です

 
 
ホームページ作成方法